インフォメーション

スタッフブログ 2019/05/08

超初心者のための写真のはなし 「1年を通して同じ物(場所)を取り続けること」

経理福田です。

写真の会社、ケルヴィンで最も写真素人です。

そして日々写真について教えていただいております。

 

前回「まず早朝にとること」を掲載しましたが。

 

その次におそわったのが。

「1年を通して同じ物(あるいは場所)を取り続けること」

です。

これには2つの目的があります。

 

1 同じものをずっと撮っていると、飽きてきます。

飽きると違うアングル、違う構図を探します。

そうして自分が最初に思いつかなかった撮り方を学習します。

2 もう一つは(こちらが重要なのですが)

1年間の季節の移ろいを覚えるのです。

季節ごとに光の性質は違います。

また、日の出日の入りの位置と時間も毎日変わります。

ちなみに、夏至と冬至では、日の出の時間は2時間40分違います。

また出る場所も60度違います。

(いずれも新潟市を基準にしています)。

毎日少しずつ変わる光を見ているのは、楽しいですよ。

 

ためしにやってみてくださいね。

« スタッフブログ一覧に戻る »
 
▲ページトップへ