インフォメーション

おすすめ商品 2015/04/18

春の野鳥撮影

桜も散り時ですが、暖かくなり、日中はとても過ごしやすい日が続いています。

 

突然ですが、私、たまきは最近野鳥撮影にハマっているのです。

 

春になると白鳥などの冬の渡り鳥がいなくなってしまいますが、スズメやヒタキなどの小鳥を良く見ることがあります。

<ジョウビタキ(福島潟にて)>

 

<ヒヨドリ(鳥屋野潟にて)>

 

野鳥を撮影するときは広角~標準レンズでは撮影が難しいですので、望遠~超望遠のレンズの使用がよいです。

たまきは100-300mmのズームか300mm単焦点をAPSデジタルで使用してます。(35mm換算で150-450mmとなります)

 

特に焦点距離が長くて明るいレンズ(300mmF2.8等)の場合はカメラよりもレンズが重くなりますので、手持ち撮影が大変になってきます。

レンズの重さで腕が疲れてしまって、ブレブレの写真になってしまいます。

そんなときは三脚を使用するとブレを防止したきれいな写真となります。

大きなレンズをお持ちの方にはこんな三脚をお勧め!

 

 

 

 

 

 

 

望遠撮影になると、三脚自体が細いと風の影響やカメラに触れた振動でブレが発生しやすくなります。

また、一般的な3WAY雲台や自由雲台ではロックを解除するとストンとゆるくなってしまい、機材の破損につながりかねません。

超望遠撮影をする方に人気の雲台がこの「ビデオフルード雲台」です!!

タテ・ヨコの軸に硬度のあるグリスを使用してあり、滑らかな動きをしてくれるのが特徴です。

タテの動きには重さを変えられる機能と、水平に戻ろうとする「カウンターバランス機能」がついています。

ですので、不意に手を離してしまってもバランスを崩してしまうことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

店頭にて<BENRO ビデオ雲台S6>をお試し頂けます。

 

また、三脚・雲台などの機材でお困りの事や、相談がございましたらお気軽にお声掛けください。

 

営業 たまき

 

« おすすめ商品一覧に戻る »
 
▲ページトップへ